地金型金貨とは?

金貨で投資を行う場合にまず知っておきたいのが金貨には収集型金貨と地金型金貨の二種類があるということです。収集型金貨はその名の通り収集家がおり骨董価格や希少価値といったことから価値が算定されて売買されているものとなりますから地金型の価格と比較するとかなり高額なものとなっています。では地金型金貨はというと金地金の時価相当分に多少加算された価格での売買となりますから金自体の価値で決まってくるということになります。つまり金自体の価値なのか金貨としての価値なのかということです。どちらも投資することはできますが少額から手軽に始めることができるのが地金型金貨となります。

地金型金貨は金地金の時価に当たる価格にプレミアムと呼ばれる金貨の製造などにかかった費用などが上乗せされて売買されることになります。金地金の価格によって価格が違ったものとなってくるということになります。購入したときよりも金の価格が上がっていればその分が利益となって売却することができます。金の価格が上がればそれだけ投資の魅力も高まるということになりますが、日本の金価格はドル建てとなっている国際金価格を元にして円建てに換算しますから、実際には、金の価格だけでなく為替相場も影響してきますからその両方をしっかりチェックする必要があります。